produce by シーズコーポレーション

2008年02月14日

シンクライアント??

 英語では「thin client」と書きます。
 シンクライアント端末とは、ハードディスクを持たずに画面の出力表示、キーボードやマウスなどの入力操作のみに特化していて、アプリケーション、ファイルの処理や管理はすべてサーバ側で実施するシステムの端末のことです。
 言うなれば記憶装置のないパソコンということになるのだけれど、このシステムの利点は主に2つあり、1つはセキュリティ面で、個人
情報や機密情報を端末に保存できないことや、不要な記憶デバイスへの書き込みや印刷も規制できるため、情報漏えいを防ぐことができること。また、ファイルのウィルス感染がないということもウリ。
 そしてもう一つの利点がコストダウン。ハードディスクを使用せずコンパクトフラッシュメモリを使用しているので、故障がおきにくく、修理コストを節約できること。また、ハードディスクを使用しないので、電力消費が抑えられ、省エネにもなるということです。
 防衛省は、イージス艦の機密情報漏えいなどを受けてこの導入を決定したそうです。海上自衛隊での成果が出れば、陸上自衛隊、航空自衛隊にも順次適応させていくらしい。
 セキュリティに関しては、今やどの分野の産業でも問題になっているところですよね。企業などもこういった対策をどんどん講じていくときなのかも知れません。
posted by seeds at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | DTPの知識/試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

TrueTypeフォント パーフェクトコレクショ
Excerpt: 使いやすいフォントが充実している、コストパフォーマンスの高い本です。「セリフ」「サンセリフ」「スクリプト」「ディスプレイ」「その他」とバランス良く揃っており、これ1冊でまんべんなく揃います。とはいえデ..
Weblog: アプリケーションを極める
Tracked: 2008-02-20 05:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。