produce by シーズコーポレーション

2008年02月28日

デザインマネジメントとは?

デザインマネジメントとは、企業の顔つくりといいました。
まず、あまり聞きなれない言葉だと思いますので、言葉の意味から説明していきましょう。
デザイン=design、英語での意味は@設計する、立案するA下絵を描くB意匠図案を描く
以上の3つの意味があり、日本語ではだいたいBの意味で使っています。
マネジメント=management、英語での意味は@操作、処理A管理B監督、取締り
以上の3つの意味があり、日本語ではだいたいAの意味で使っていますよね?
これを合わせると、「意匠図案(デザイン)を描くことを管理すること」になってしまいますが、これではかなり狭い定義になりますね。
むしろ英語本来の意味である「設計する」という言葉で解釈してみたらどうでしょう?
そうすると単にデザインをコントロールすることだけではなく、企業の経営戦略を設計し、その設計図の一つとして商品やパッケージのデザインがあり、これをマネジメントしていこうという考えができると思います。つまり、経営計画があってはじめてデザインやら企画やら製造やらの問題がスタートできるわけで、小手先のテクニックではないということです。
ある意味、今流行のブランディングはこのデザインマネジメントの一環といえます。
私も含め皆さんも、ブランディングという言葉は知っていても、自社の場合は何をしていいのかわからないというのが実感だと思います。しかし、要はデザインマネジメントしていけばいいのだと考えれば、糸口が見えてくると思います。
来週にその具体的な方法を、お知らせしてこのテーマを終わりたいと思います。
posted by seeds at 10:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DTPの知識/試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。